ノム、久々の飛騨へ

亡き祖父の一番下の弟の奥さんが亡くなり、お葬式に出かけた。

なんでそんなに血の薄い所へ? 

本来ならばオフクロだけが行けば住む話かも知れんが、爺ちゃんの生まれ故郷の岐阜県飛騨市は、オイラは子供~少年時代の多くの時間を過ごしていて、人にも土地にもかなりの思い入れがある。

亡くなった方にも子供の時色々遊んでもらった。

初めて一人で滞在したのは5歳の時だった。その頃から、中学まで冬休みと夏休みの殆どは、爺ちゃんの実の妹(只今89歳健在、通称ばぁ)の家で過ごしていた。

爺ちゃんの兄妹の家は殆ど歩いていける距離にあり、俺は、袈裟丸(けさまる)というその村を走り回っていたのだ^^。
b0172208_1362436.jpg

飛騨山脈(北アルプス…乗鞍とか槍ヶ岳とか笠ヶ岳とか新穂高とか)はもう真っ白で、一ヶ月もしないうちにこのあたりも雪に包まれる。

とうとう、ばぁは、兄妹関係が皆逝っっちまって、本当の意味で一人になった。

「あぁ、ばぁの写真を撮ってくれば良かった。」

ゲートボールやらなんやら毎日忙しいらしい^^。

んで、ばぁはまだ働いている。畑は勿論こんなものを・・・
b0172208_1425752.jpg

これね、飛騨のお土産「さるぼほ」のアタマ^^。

昔からやってんだけど、さるぼぼ見ると、ばぁが作ったやつかしらん?って思う。

普通に袈裟丸に行って、グルッと親戚(全部野村)5~6件回ってくると車は
b0172208_1482716.jpg

こんな事になる。とても葬式に行ったとは思えないでしょ?

帰り際、ばぁの家を出て、「オーマイゴッド」の無神駅のモデルになった駅に「ありがとう」と告げ、帰ってきました。

あぁ、駅の写真、撮ってくれば良かった^^。

by nora.ivy.mie3 | 2009-12-02 23:24  

<< 久々です 病んでしまった^^ >>